×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

目の下のたるみはエクササイズで

目の下にくまがあったり、たるみがあったりすると老けて見られたり、疲れた印象があって嫌ですよね。目の下のたるみを予防するためには、マッサージや美容液などの化粧品、美容整形などの方法が考えられますが、意外なところでは、顔の「表情筋」を鍛えるエクササイズをするのも効果があるようです。

目の下たるみは化粧品で改善

女性なら誰でもイキイキとしてハリ・ツヤのある素肌を手に入れたいと思いますよね。顔色を左右するポイントは、目の下にあると思いませんか?くまができてくすんでいたり、たるみがあったりすると老けて見えるし、疲れて見えます。女性として輝きのある素肌にするポイントの「目の下」の皮膚について、私も初めて知ったのですが、目の下の皮膚は厚さ約0.6mmと極めて薄いのだそうです。目の下の皮膚は、他の顔の皮膚に比べて約3分の1の厚さしかないのですね。非常にデリケートな部分です。その薄さは、卵の薄皮位なのだそうです。目の下の皮膚はそんな薄い皮膚であるにもかかわらず日に約1万5千回ものまばたきで常に酷使され、老化が早く出ててしまうのだとか。目の下のたるみを解消・改善する化粧品としては、やはりシートパックが有効なようですね。インターネットでざっと検索してみると、コラーゲンなどの有効成分を配合したシートパックを貼って寝ると、翌朝にたるみが解消されている、というような化粧品もありました。目の下のたるみを解消することで、見た目年齢をグッと若くしたいですね。

目の下たるみマッサージ

目の下のたるみは年齢とともに気になってきますよね。美容液やコンシーラーなどではなかなか解消されずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。美容業界では非常に有名なかづきれいこさんが提唱しているケアの方法ですが、血流をよくするように、血液の流れに沿ってマッサージをし、老廃物が目の下にたまるのをふせぐことで目の下のたるみが改善されるという情報もあります。実際、一度かづきれいこさんご本人がマッサージをされるところを拝見したことがあります。顔の右半分だけをマッサージしながら化粧をするというデモンストレーションでしたが、本当に肌がピンと持ち上がった印象になり、5歳は若返ったように見えて驚きました。かづきれいこさんの目の下のたるみを改善するマッサージ方法ですが、乳液をつけたときなど肌が滑りやすいときに、中指で目の下を目じりから目頭に向かって指を動かし、一度目頭できゅっととめます。指を離さずにそのまま今度は目の上を目頭から目じりに向かって動かします。つまり、目の周りを円を描くようにマッサージします。その指を顔の外輪郭をなぞるように下まで持ってきて、首のリンパにながすようにします。ぜひ朝晩の洗顔後、乳液をつけるときに意識してみてはいかがでしょうか。目の下がピンと若返る日が近づくかもしれません。